スタッフコラム

【紅葉情報①】Report by Kuju Kogenso Climbing Club

ひとつ前に戻る
  • facebook シェア
  • ツイート

このコラムをご覧の皆様、

大変長らくお待たせいたしました。

これからの時期に登山を計画される方々が

一番見たいお目当ては、当然、アレですよね?



我々登山部は、もちろん、ちゃんと了解しております。



 

その御要望を受け、皆様に紅葉情報をお伝えするべく、

令和元年10月10日、

令和初でありながら今回でついに最後の「体育の日」に、

久住高原荘登山部は、大船山に登ってきました。



 

※注1:中年男性である登山部にとっては、

法律が何と言おうと、10月10日が体育の日です。

※注2:来年から、体育の日はスポーツの日になるそうです。

中年男性である登山部は、哀愁が(以下略)



 

・・・・・・、そんな脚注が必要な御託は置いておいて、



 



1枚目

20191010-01 (480x270).jpg

 今日は今水登山口から東尾根ルートで大船山に登ります。

このルート特有のヤセ尾根に、

春と秋のコラボレーションを発見。

 



2枚目

 20191010-02 (480x270).jpg

実際のところは、紅葉はまだまだです。

10月頭まで、暖かい日が続いていました。

頂上付近で、ようやく紅葉の気配。

 



3枚目、4枚目

20191010-03 (480x270).jpg

20191010-04 (480x270).jpg

 雑誌などでよく見るあの場所です。

ちなみに、昨日までは朝方はたいして冷え込まなかったのが、

今日は高原荘付近はかなり冷え込みました。

おそらく一桁前半まで気温は下がったと思われます。

連休あたりからも、一桁台の気温が予想されています。

これからは、おそらく期待できます。

 



5枚目

20191010-05 (480x270).jpg

 まだロープが張られてましたが、新築でした。

 



6枚目

 20191010-06 (480x270).jpg

今回は新しくなった避難小屋が見たくて大船山に登りました。

帰りは、米窪周りで下山します。

このルートは歩きにくいので、登山部としては実は、

大船山登山で一番使いたくないルートですが、

所々、迫力のビューポイントがあります。

 



7枚目

 20191010-07 (480x270).jpg

帰り道、天狗岳のふもとです。

まるで人工的な石垣のような景色が横一線に続いています。

少年時代にオカルト雑誌が流行った世代の登山部は断言します。

天狗岳は、古代の超文明のピラミッドです!!!

 



おまけ

 20191010-08 (480x270).jpg

これも帰り道。登山道、見えますか?

見えない人は、考えないで感じてください。

・・・スミマセン、嘘です。

 

今水登山口から風水までのルートは、

私は、なぜか毎回ルートを外します。

踏み跡が見つけづらいうえに

この時期は落ち葉が道を隠すためだと思うんですが、

今日も、10数メートル程度ですが、

道を外して引き返すを何度も繰り返してしまいました。

まるで大自然から、

「ボーっと歩いてんじゃ(以下略)」

と言われているかのよう・・・



I climbed in search of autumn leaves.

But autumn leaves are still early.